WATANABE HIROYUKI

渡辺 裕之

入社10年目

ITインフラソリューション本部

キューブシステムはどんな企業だと感じられていますか?

年次を重ねるごとに強くなる、
キューブシステムはそんな会社です

これは私が入社したばかりの頃にも思っていたことですが、上司と部下、年齢の差など、社員間に垣根みたいなものが全くと言っていいほどないところが良さですね。風通しが良いという表現で合っているかはわかりませんが、仕事をする環境、コミュニケーションの場として、これほど整っている会社は他にないと思います。そういった良質な環境作りの蓄えみたいなものが、かつて部下だった若手社員が上司になった際にしっかりと継承され、さらに堅固に未来に向けて繋いでいく。キューブシステムはまさに年次を重ねるごとに強くなっていくなと、常日頃から感じていますね。

SEという枠からどう突き抜けるか。
日々、向上心が刺激される環境

また、仕事への意欲が強い人、自身のスキルアップに対して向上心が高い人にとってキューブシステムはぴったりの会社だと思います。ただ黙々と開発などに取り組むだけでなく、総員営業主義をモットーに、お客様の課題に対して、自身で考え、提案し、具現化していく。身につけなければならないスキルはもちろん増えますが、きっとやらされている感はまったく感じないと思います。むしろ、向上心を刺激されると思いますね。少なくとも私はそうでしたし、社員は皆、モチベーション高く仕事に取り組んでくれていると確信しています。

キューブシステムで働く魅力を教えてください。

自分自身の頑張りが、
プロジェクトにどう貢献できているかを実感できる

プロジェクトに対する責任を会社のバックアップのもとに背負わせてくれるところに私はやりがいを感じています。ですので、お客様のご要望に対して、自分の意見、提案など臆することなく発信することができる。自身が各案件に対して、どう貢献できているかをしっかりと認識できる。与えられた業務に対して全力投球できる環境を自分自身で構築できる点など、魅力を数えはじめたらきりがないです。自身の技術面に対しても、会社のバックアップは手厚いです。資格取得や技術向上に対して、キューブシステムは惜しみなく支えてくれますし、しっかりと評価してくれます。SEとして、これほど良い環境はないと思いますね。

仕事において意識されていること、こだわりやモットーなどがあれば教えてください。

「お客様のことを第一に考える」
意識しているというより、呼吸みたいなものですね

常駐先にはクライアントはもちろん、競合他社もいればビジネスパートナーもいます。現場では、こういった様々な人たちがひとつになり、より良き結果を追い求めて奮闘しています。ですので、コミュニケーションは第一に意識するところです。その中でも、私たちの仕事に対して喜んでいただきたい。日々目まぐるしく動きを続ける状況の変化に対して、何ができるのか、何をしなければいけないのかをコミュニケーションの中でしっかりと把握し、最高の提案につなげる。そこのところは、意識しているというか、呼吸みたいなものですね。

新しい仲間に求めるものは

成功も失敗も全て共有し、
目の前の課題と戦い抜くチームであり続けたい

誠実な方と一緒に仕事がしたいですね。私が言う「誠実な方」とは、仕事に手を抜かない人、報・連・相を大切にし、チームの一員として責任を共有できる人です。失敗したっていい、間違ってもいいんです。私だって今でも失敗の繰り返しです。そういったことを自分で止めず、失敗すらも共有し、チーム全体で戦い抜く。お客様を常に意識し、最良をどこまでも追求し、ゴールまで皆で突き進むことができたら最高ですし、そうでなければいけないと私は考えます。ちなみに、私の趣味はバイクなのですが、バイクが好きな方だったらさらに嬉しいかな(笑)

もっと知りたい先輩のこと!

特技 軍隊式呼吸法
プレゼンの前などにやると、緊張がほぐれるのでオススメ
趣味 読書、バイク
読書に関してはどんなにつまらくても最後まで読みきるのだそう
休日の過ごし方 ツーリング
バイクが好きな方がいれば一緒にツーリングに行きたいとのこと

ONE DAYある日のスケジュール

07:00 起床
08:30 出勤、始業
09:00 メールチェック、タスク管理
10:00 資料作成
12:00 ランチ
13:00 お客様との打ち合わせ
15:00 設計、開発資料作成
17:00 各工程のチェック作業
20:00 退社
21:00 帰宅
21:30 読書、晩酌
24:00 就寝