GLOSSARYいまさら聞けない用語集

  1. HOME
  2. いまさら聞けない用語集

ACR

Advanced Customer Relationshipの略称。
プロジェクトの目標設定から事業計画(Plan)、遂行(Do)、結果の検証(Check)、事業計画の立案(Action)までを総括し、「ACRレポート」としてお客様へ提案いたします。
当社がどのようなPDCAサイクルによって業務を遂行しているかを報告させていただくことで、お客様のニーズと当社サービスのベクトルを合わせ、顧客とのさらなる信頼関係を築くことで、より付加価値の高いサービスを提供する活動のこと。

APR

Advanced Partner Relationshipの略称。
上記のACRと同様な取り組みを外注先となるビジネスパートナーに対して行うこと。

F@CE

Framework @ Cube's Engineeringの略称。
時代変化と顧客要望を真摯に受け止め、提供するサービスの標準化と品質向上、さらには確固たる方法論を持った請負型ビジネスや知識サービスビジネスを目指すべく、今まで蓄積してきた経験・ノウハウと最新の業界動向を踏まえ、キューブシステムの標準的なフレームワークとして制定したもの。

keyパートナー

品質・技術の向上や情報セキュリティ管理の強化、人材育成プログラムなどの経営管理手法の改善・効率化などを進め相互の企業価値向上を図るビジネスパートナー。

MVP

提供するサービスの高付加価値(More Valuable)をめざし、3つの観点からのサービス強化するための取り組みのこと。
高度なプロジェクトマネジメント手法とともに(More Valuable Project-Management)
コスト・品質・サービスの“見える化”を図り(More Valuable visible Performance)
サービスの提供形態の革新をめざす。(More Valuable Promise)

自立したビジネスパーソン

十分な課題解決能力をもつシステムエンジニアが自ら「顧客担当」となり、顧客との対話の中からシステム化ニーズを具現化させ、受注から開発・プロジェクト管理にいたる一連のプロセスにおいて責任と権限を持ち、自立的に物事を考え、顧客満足を得るためには何を最優先させなければならないかを判断し行動できる人材。

総員営業体制

受注から納品・入金確認までプロジェクトを一貫して管理運営する「自立したビジネスパーソン」を主軸とし、営業専任組織を持たない体制。

CUBE SYSTEM(キューブシステム)

Customer(「顧客第一」をモットーに)、Brain(高度な「知力・地見」を発揮して)、Emotional mind(感動をもたらすソリューションを)の頭文字から名付けられました。

キューブシステムの“多面性”

「自らもCUBE(正六面体)のような“多面性”を発揮しながら、成長していきたい」という私たちの願いが込められています。
【先進性】
"独立系システムインテグレーター"として、様々な分野の先進の技術・ノウハウを蓄積

【人間性】
顧客一人ひとりと向かい合い、本質的な「対話」を繰り返す。高度なコミュニケーション能力を持つ人材を育成

【行動力】
独立系企業としての"チャレンジ精神"を発揮し、顧客やパートナー、さらに自分たちにとっての最適解を追及

【国際性】
海外パートナーとの連携やオフショア開発にも視野に入れ、グローバルかつ柔軟なビジネスモデル構築に挑戦

【技術力】
幅広く奥深い知識・知見をベースに、多彩な要素技術を獲得

【若さ】
社員の自立と行動を尊重し、絶えず自らを変革していくことで、若く、機動的な組織・風土を形成

ITアーキテクト

ITアーキテクトとは組織の情報戦略に基づいて、ITシステム全体のアーキテクチャを設計する存在である。システムの要素となり得るさまざまな技術・製品から、ビジネス上の要求と技術・製品の将来性、利用者側の使いこなし能力などを加味して、最適な組み合わせを選び出すこと。

PMO

Project Management Officeの略称
大規模な組織において、組織全体のプロジェクトマネジメント(PM)の能力と品質を向上し、個々のプロジェクトが円滑に実施されるよう支援することを目的に設置される専門部署。「プロジェクトオフィス」「プロジェクト支援部門」などともいう。

RIA

Rich Internet Applicationsの略称
RIAとは、柔軟で優れた表現力や操作性を持ったWebアプリケーションの総称である。
RIAはWebブラウザ上で動作し、DHTMLやJavaアプレット、Flash、Ajaxなどの機能を使用して動的・双方向的なWebページを表現する。従来のHTMLやCSSのみで表現されたWebアプリケーションは、もっぱら静的なページをページ遷移によって切り替えていく方法だったが、RIAを導入することによって「動き」や「流れの良さ」があるユーザビリティの高いサイト構築が可能になった。

Sier

個別企業のために情報システムを構築することであり、戦略立案から、企画、設計、開発、運用・保全までトータルに提供するシステムインテグレーター。

エンハンス

現行システムに手を加えて、性能や品質の強化・向上を図ったり、新たな機能の追加・拡張を行ったりすること。プログラムの修正のほか、外付けシステムの追加開発、データベースやミドルウェアのチューニング、ハードウェアの追加・置き換えなど、さまざまな手段が含まれる。

開発標準フレームワーク

開発工程(要件定義フェーズから本番稼動にいたるまで)における、標準的な開発プロセス(開発手順)と、開発支援ドキュメント(各種作業ガイドや設計書テンプレート)が整備されたもの。
これらによって、実際の開発プロジェクトでは技術のばらつきをカバーし、システム全体の品質を安定させることができます。

クラウドコンピューティング

ネットワークを最大限に活用するコンピュータ利用形態の一つ。ウェブブラウザなどを介して「サービス」の形でアプリケーションを使う。ユーザーが作成したデータも、コンピュータ内でなく「サービス」の側に置くことで、ネットワークにさえつながるなら、どのような端末からでも同じデータが、いつでも利用可能になる。

プライベートクラウド

企業が自社内でクラウドコンピューティングのシステムを構築し、企業内の部門やグループ会社などに対してクラウドサービスを提供する形態のこと。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ