CASE実績紹介

  1. HOME
  2. 実績紹介
  3. メガバンク向けネットバンキングのシステム構築

メガバンク向けネットバンキングのシステム構築

メガバンク向けネットバンキングのシステム構築

厳密な品質管理が求められる国内有数の銀行内の業務システムの開発・保守を、長期にわたって続けております。

大規模システムの開発・保守を20年間、継続受注

メガバンク・X社で運用される基幹システム。全国の顧客・支店・ATMから届く膨大な取引情報を処理する複雑なシステムです。キューブシステムが大手システムインテグレーターY社を通じて、基幹システムと接続される業務システムの開発・保守に参画したのは約20年前のこと。それ以来、無数のIT企業が関与する開発現場で、お客様の信頼を勝ち得ながら担当領域を拡大。同システムが統合を繰り返して現在の形に至るまでの長い歴史を、X社、Y社とともに歩んでまいりました。

キューブシステムの担当領域と体制

X社の業務システムは、非対面取引を可能とするバンキングシステムです。主に関連するシステムとしては、預金情報などを管理する勘定系システム、それに付随するその他システムで構成されています(図)。このうち、キューブシステムが担当するのは①②③の領域です。ネット取引の増加でバンキングシステムが機能拡充するにつれ、キューブシステムの受け持つ担当範囲も①→②→③と拡がってきました。

① バンキングシステムのバックオフィス向けインターフェース

コールセンターのオペレーターなどが、情報照会や帳票出力などの事務作業で使う端末の画面です。この領域は、プロジェクトに参画した当初からキューブシステムの担当でした。参画時からの長い年月の中では他社との共同開発なども行ってきましたが、現在は一社のみで、すべてを任せられています。

② バンキングシステムと他システムとのデータ連携

勘定系システムや関連する各システムと、バンキングシステムとの間を橋渡しする機能です。必要データの提供と、それを取り込むためのバッチ開発を行います。こちらの領域についてもキューブシステムがプロジェクトに参画した当初から一部機能を担当し、現在も担当範囲を拡大させています。

③ バンキングシステムの銀行顧客向けインターフェース

一般ユーザーがPCやスマホなどからアクセスするネット取引画面です。キューブシステムは、バンキングシステムへ統合される重要サービス用の画面開発に、2018年より参画。2020年6月に同サービスのリリースを成功させ、その後は保守を続けています。広く利用される一般ユーザー向けの画面開発は、キューブシステムにとって学びの多い経験です。

プロジェクトチームの規模は、お客様の要求の難易度に応じて変化させています。2020年は約20名前後の体制で各領域単位のチームを構成し、保守・開発に当たっています。

大規模システム更改や新規領域へのチャレンジを乗り越えて

長年のプロジェクト業務を通じて、何度かシステムの更改対応を行ってきました。そのなかでもキューブシステムの担当領域を完全に巻き込むバンキングシステムの更改時は苦労しました。この案件では、プロジェクトとして初めての技術を使用し、システム構成等も刷新された形になりました。そうした難易度の高い長期開発に臨むため、チームを最大60名規模へ増強。社内の別部署などを巻き込む多数のメンバの協力も得てやり切ることができました。また、2020年にリリースした新サービスの領域は、当プロジェクトとしてはチャレンジの部分でしたが、お客様と協力し開発を進めていき、無事に対応を完了させることができました。

どちらの大規模案件も、数年にわたる困難な案件となりました。それでも、長年システムに携わってきた知識と経験を活かし、プロジェクトを完遂。その貢献が認められお客様から表彰を受けるなど、高い評価を得ることができています。

大手ハードベンダーとも密接に協力

X社業務システムは、基本的に大手Sier製のハードで構成されています。使われるフレームワークやデータベースも同社の製品であり、システムそのものに同社の提供する機能が多数織り込まれています。プロジェクトを進めるうえで、同社からの技術サポートは欠かせないもの。キューブシステムは時間をかけて大手Sierとの協力関係を構築。プロジェクトを通し、先進ハードウェア・ソフトウェアの知識を吸収し続けています。

お客様のあらゆる要求に応える柔軟な対応力

銀行業務で扱うシステムの開発では、たったひとつのエラーすら許されません。システムリリースまでに厳密なテストを幾度も、幾度も繰り返す必要があります。守るべきセキュリティも通常の開発より、はるかに高水準。開発のスピード感ももちろん重要です。

20年もの間、求められる厳しい要求に応え続けてきたキューブシステム。お客様が内製開発を望んだ際には、お客様が主導する開発チームへ他社とともに参加。確かなサポートにより、開発成功に大きく貢献しました。こうした柔軟な対応力もまた、キューブシステムの強みのひとつです。

現場担当者の声

入社してからずっと携わってきた、思い入れの強いプロジェクトです。これまで苦労も多かったですが、得られたものはそれ以上です。

基本的に契約上の弊社の役割は、決められた要件に従って開発することです。ですが、最近では、お客様の望むゴールに対して最適な機能の要件を、我々から提案することも心がけています。結果、言われたことをやるだけではない、お客様と手を取り合ってモノづくりを進める関係を築くことができました。弊社が銀行業務や既存システムへの理解を深め、お客様の確かな信頼を得られたからこその変化だと感じています。

インターネットバンキングに求められる機能は、これからも増えていくはずです。X社の業務システムはさらに機能拡充されていくと思います。弊社も貢献の度合いを一層深めて、ともに良いものをつくっていきたい。同時に、このプロジェクトで培ってきた膨大な知見を、ぜひ他案件にも活かしたいと考えています。

  • 第2ソリューション事業本部
    J.W.

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ