AMANO TOMOHIRO

天野 智裕

入社3年目

金融システム本部

キューブシステムを選んだ理由を教えてください

最初は軽い気持ちの「お試し」。
でも、そこからは衝撃の連続でした

そもそも、私は就職せずに大学院に進学するつもりだったんです。ただ、経験として就活は体験しておきたいなくらいの軽い気持ちで、いろんな企業の説明会に行きました。キューブシステムはそういった企業の中のひとつで、情報系の大学だったこともあり、試しに受けてみたんです。自分の理想にぴったりな企業なんてきっとない、そんな感じで、少し乾いていた自分にとって、ただの“試し”だったはずの企業。そこからは、本当に衝撃の連続だったんです。

ネガティブなイメージが一変。
成長を続ける会社を実感し、すぐに入社を決意しました

SEという仕事について、職種として興味はありましたが、プログラミングをするだけの毎日、残業ばかりで家に帰れない、誰とも話さずに1日が終わるといった悪いイメージを勝手に抱いていました。ところが実際に説明会や面接で先輩社員や役員の方々とお会いするとそのイメージが一変。キラキラとした表情、ハキハキとした受け答え、成長を続けている企業とはまさにこういう会社なんだなと強く感じ、自分が人生を懸けて働く会社はこの会社だと即断しました。内定通知をいただいたその電話口で「行きます!」と伝えました。

あなたの業務内容を教えてください

日本経済の中枢に関われるなんて、
不安なんかより、やりがいしか感じませんよね

日本経済の中枢とも言えるような、かなり規模が大きな金融系のプロジェクトで、様々なシステム構築に携わっています。私は、そのプロジェクトの中で、開発業務はもちろん、お客様のご要望をまとめ、要件定義したり、それに伴うビジネスパートナーとの渉外業務などを担当しています。まだ2年目ですが、抱えがいのある責任を与えていただいて、本当に感謝しています。2年目の私を信頼し、業務を任せてくれる会社は正直他にないかなと思います。SEだけでなく、営業的なこともさせていただいているので、その分、2倍は成長できている。いや、相乗効果で10倍くらいかな(笑)もちろん、苦労することもありますが、不安を感じる暇もないほどやりがいに溢れた業務に携わることができています。

仕事で楽しさを感じる瞬間、やりがいや苦労したことなどのエピソードを教えてください

会社が自分を信頼してくれると実感。
働いていて、これほど嬉しいことはないですよね

入社当初は少し調子に乗っていたところがあって、勝手に突っ走って、お客様が本当に望まれることと違う物を作ってしまい、スケジュールを大幅に狂わせてしまうという大失敗を経験しました。そんな時でも、先輩たちは闇雲に怒るといったことはせず、なぜこうなったのか、次はこうしたら成功するなど、フォローしてくれたんです。「責任は取るからやりたいことをやれ」「拘る所は拘れ」と、叱咤激励くださりました。会社からの信頼、そしてチームで仕事をするという意味を実感しました。そこからはもう覚醒モード。挑戦を繰り返し、結果を出す。そして評価をいただき、新たな責任を与えられる。楽しすぎて困っちゃいますね。

新しい仲間にメッセージをお願いします

やりたいことがやれる、言いたいことが言える。
そして、人間としても大きくなれる会社です

やりたいことを模索し、できることを率先して自分からやる。そんな人と私は働きたいですし、それができない人はキューブシステムに合わないっていうのが本音です。最初は皆不安でしょうし、プライドみたいなものが邪魔したりと、うまくいかなくて当然だと思います。実際、私もそうでした。でも、ここは、すべてを受け止めてサポートしてくれる先輩がいて、努力をちゃんと見ていてくれて、評価をしてくれる会社。そんな最高の環境で働くってドキドキしませんか?もし、何かに挑戦したい、変わりたいと思っているのであればぜひ、キューブシステムの門を叩いてみてください。

もっと知りたい先輩のこと!

特技 弓道
大学4年間での経験だけで東海大会個人2位の実力
趣味 ボルダリング
同僚を巻き込んでボルダリング部結成も視野に
休日の過ごし方 ボルダリングとショッピング
休日もボルダリング三昧、趣味の域を越える可能性も

ONE DAYある日のスケジュール

06:30 起床
08:00 定時30分前に出勤
08:30 メールチェック
10:00 チームミーティング、資料作成
11:30 ランチ
12:30 資料作成
15:00 テストケース作成
17:00 チームミーティング
18:00 退社
20:00 帰宅
20:30 ゲーム
23:30 就寝