CAREER RECRUITキャリア採用

これまでに学んだ知識や培ったノウハウを
未知のフィールドで活かしたいと思い始めたんです

富永 直也ITインフラソリューション本部

前職は同じIT業界で、インフラの運用保守業務に携わる。キューブシステムに入社後は、サーバーのツール開発プロジェクトのメンバーに加わり、その後、データベースの管理者チームのサブリーダーを経て、同チームのリーダーに就任。また、現在は別の管理者チームのリーダーも兼任している。

なぜ転職しようと思い立ったのか。

ただ黙々と、目の前にある仕事をルーティーンでこなしていく毎日を打破したかった

同じIT業界で、分野としても今従事しているインフラの運用保守業務に携わっていました。具体的にお話ししますと、お客様からのご要望に対しての開発、改修作業や、アラートが上がった際の処理対応といった業務でした。その為、当時はお客様と技術者という関係の側面が強くて、お客様と直接触れあい、考える機会は少なかったんですね。日頃から、自らが矢面に立ってお客様のご要望をこの手で解決していくというスタイルに惹かれていたもので、転職という言葉はいつも心のどこかにあったんです。そんな矢先に、同僚が転職するという話を耳にしたんです。


自分で言うのもなんですが、仕事への意欲がとても強くて、自身のスキルアップに対して貪欲でしたから、転職する同僚の背中を見ながら、「次は自分だ」って鼓舞されたのは事実です。ただ、それと同じくらい不安という言葉も心にあり、なかなか踏み出せずにいました。ですが、技術者として、これまでの経験を活かし新しいフィールドで勝負したい、お客様に喜んでいただける技術者でありたい。そんな思いが頂点に達した時、キューブシステムという会社を知ったんです。

入社の決め手となったのは?

技術者に「技術者の枠を超える」ことを求める会社があるなんて、驚きしかなかった

某転職エージェントにお願いをして、転職活動を始めた矢先にキューブシステムを紹介されました。「一人当たりの売上高が高い」「毎年成長している」「社員の教育投資を積極的に行っている」、そしてなにより「総員営業主義」という、技術者に「技術者の枠を超えること」が求められているという部分に魅力を感じ、この会社で働きたいと強く思い始めました。程なくして、企業説明に足を運び、社員一人ひとりの声をすくい上げ、スキルに適した現場でのプロジェクトに配置していただけるシステムや、社員の成長に対して惜しみないバックアップをしてくれる教育制度などを知り、「こんな会社、なかなかない!」、転職先はキューブシステム以外ありえないと、その時心に決めました。

キューブシステムに入社して、これまでの業務と現在担当している案件、業務の魅力について。

お客様と一緒に創り上げる感動を味わえるとは思ってもいなかった

サーバーのツール開発プロジェクトのメンバーとして配属されたのが最初ですね。その2年後にデータベースの管理者チームのサブリーダーになり、その1年後に同チームのリーダーに就任しました。また、別の管理者チームでもリーダーをやっています。
業務として、某大手通信会社の社内情報共有システムの管理と運用に携わっています。部署によって様々な用途があるシステムですので、それぞれ利用のされ方が違うものですから、様々なトラブルを予想し回避していかないといけない仕事で、お客様との渉外はもちろん、ご要望に対しての密なヒアリングは必須です。こういった業務も、転職前はなかったものです。大きなトラブルなくご要望を具現化した時には「キューブさんに頼んでよかったよ」といった嬉しい言葉をかけていただけて、本当にこの会社で働けてよかったと思いますね。

未来へ向かって-。今後の目標や取り組みを教えてください。

自分の成長がチームの成長に繋がり、それは会社の成長に直結するんです

自分自身の課題としては、やはり技術力はまだ理想に全然近づけていないですね。技術力がないと、お客様への提案力も自身の力量の中でしか考えられないので、狭くなりますし、ゴリゴリと自分の力だけでやりきるのも厳しくなります。自身の技術力をさらに高め、チームの皆と共有し、皆のスキルも自身の助けとして使わせてもらう。そんな相乗効果を最大限に発揮できるようなチーム作りができるよう、個人力をもっともっと高めていきたいですね。そんな思いを、キューブシステムはしっかりと見ていてくれますし、背中も支えてくれるので、私は日々精進するのみです。

社員インタビュー

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

[採用担当]0120-900-276

お問い合わせ