NEWS技術戦略室からのお知らせ

  • 2017.9.15

    技術戦略室ページを新設しました

THEME2017の活動テーマ

技術研究・開発
最新の基幹技術を使った研究・開発を行い事業化を行います。これにより新規事業創発し、サービスメニューを拡大させます。

社内技術教育
顧客の新たな基幹技術を使ったサービス提供支援のニーズに応えられるように、技術者を育成いたします。

外部協業・情報収集
新規の取組において内部リソースだけでなく、外部リソースも活用・協業し、目的達成へのスピードを高めます。

ACTIVITY & FUTURE活動内容と今後について

社内技術教育 新人教育にPepper導入
新人教育のカリキュラムにソフトバンクロボティクスのPepperを使ったアイデアソンを独自に実施しています。

社内技術教育 Red Hat社ソリューション強化
主にRed Hat社のRed Hat JBoss BRMS技術者育成を強化します。Red Hat JBoss BRMSに限らず、他のソリューションについても対応しております。

技術研究・開発 ロボティクス分野の活用
ソフトバンクロボティクスのPepper、NAOのアプリケーション開発を通じて、ロボティクス技術の習得を独自に進めています。

技術研究・開発 社内仮想通貨開発
新規事業や顧客の新たなニーズを想定し、BitcoinをベースにOpen Assets Protocolを利用することで、社内仮想通貨を開発しております。

今後について

近年、アイディアソン(※)という企業のオープンイノベーションを推進していくために取り組まれている活動があります。それを取り入れ、キューブ社員の知恵と技術を集結したより良いサービスを提供・事業創発できるような風土・文化を作っていきたいと思っています。加えて、技術研究開発を実施する手続きを具体的に整備することで、事業創発活動を活性化していきます。 また、昨年より継続して、技術教育や投資も実施していきます。昨年度よりも踏み込んで活動を充実させていきます。なお、これらの活動については随時ホームページ等でご紹介いたします。

※アイディアソン:アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語。ある特定のテーマについて、対話を通じて新たなアイデア創出やアクションプラン、ビジネスモデルの構築などを短期間で行うイベントのこと。

MEMBERSHIP新規技術に関する加盟団体