キューブシステムのビジョン

新しい成長ステージに向けたチャレンジ

当社が属する情報サービス産業では、ソフトウェア開発ニーズの減少やクラウドサービスの台頭など、業界環境が急速に変化し、企業におけるIT戦略のあり方は、「システム構築型」から「情報活用型」へと大きく変化しています。

そのため、当社のような情報サービス産業に属する企業には、単なる情報システムの開発だけでなく、顧客企業の利益創出に貢献できるソリューション提供が求められています。

キューブシステムの未来像
顧客からベストパートナーと評価される企業 社員と会社(個と組織)がともに成長し、喜び・豊かさを分かち合える企業風土

こうした事業環境の変化を踏まえ、キューブシステムグループは経営理念・基本方針のもと、2012年度を初年度とする2020年度までの中長期経営ビジョン≪VISION 2020≫を策定いたしました。

≪VISION 2020≫では、「顧客からベストパートナーと評価される企業」「社員と会社が共に成長し、喜び・豊かさを分かち合える企業風土の醸成」の実現を目指し、事業の発展を進めてまいります。